カテゴリー別アーカイブ: Discography

Riquisimo「Colorido」

 

 

 

 

 

 

 

谷岡久美さんとの二枚目のアルバム!
アルバムタイトルは、スペイン語でカラフルを意味するコロリド。
色をイメージした曲を中心としたオリジナルアルバムです。

ソロアルバム「秋の光」や透明な庭「Invisible Garden」を録ったスタジオ、
パストラルサウンドで、一発録音をしました。ここはとてもピアノがよく、
広々した空間。集中し、リラックスしてよいテイクが録れました!
ゲスト、パーカッション海沼正利さんが、より色彩豊かにいろどってくださり、
また、エンジニア坂さんが、我々のアコースティックの音色を大切にした、
細やかかつ豊かな音に仕上げてくださいました。

ジャケット写真は、お腹も心もいっぱいにする、大好きな鹿沼のレストラン、アラボンヌママンさんにて!盤面下までお楽しみいただければと…!

Riquisimo「colorido」RQSM0002

世界にちらばるたくさんの、色。
リキシモ・セカンドアルバムのテーマは「色」。
ピアノとアコーディオンによる、元気でカラフルな音のパレット。

1. 虹色の街
2. 薄墨花紅
3. 銀の波紋
4. 蒼黒
5. 幻火
6. Hometown~Journey
7. 濃藍の森
8. Danza Morada
9. 金の星かざり
10. Colorido

Composed by 谷岡久美(Hometown and track2,3,5,6,10)
藤野由佳(Journey and track4,7,8,9)

【Riquisimo】
谷岡久美 Piano
藤野由佳 Accordion

2016年結成。ゲーム音楽を中心に多方面で活動する作曲家・ピアニスト谷岡久美と、
アイリッシュからオリジナルまで情景を豊かに描くアコーディオニスト藤野由佳のユニット。
「心においしい音楽」をキーワードに、優しく、時に激しく、元気の出る音楽を制作中。
リキシモはスペイン語で「めっちゃおいしい」の意味。二人とも食べる事が大好き。

Guest
海沼正利 Percussion

RQSM0002
定価:2,500円 + 税

Produced by Riquisimo

Recording,Mixing and Mastering Engneer 坂知学
Recorded at Pastoral Sound on 1-3rd March,2021

Visual Coordination 出光桂(A la Bonnne Maman),谷岡久美
Food Coordination 出光良資(A la Bonnne Maman),出光桂
Hair & Make up 櫻井陽介
Accessory 装飾女, 出光桂
Photographer 井上拓
Design みぞぐちまいこ

撮影協力 A la Bonnne Maman

通信販売
Sweep Records通販
https://sweeprecord.biz/?pid=159198768

実店舗販売
谷口楽器(お茶の水)※通販もあり
https://taniguchi-gakki.jp/shopinfo/

A la Bonnne Maman(鹿沼)
https://ameblo.jp/alabonnemaman/

BEE BALM(宇都宮)
https://beebalm94.exblog.jp/

 

全曲視聴トレイラー

オオフジツボ「希求の丘」

 

 

 

 

 

 

 

オオフジツボ結成15年の今年、ようやく四枚目のオリジナルアルバムをリリースしました。
タイトルは「希求の丘」(ききゅうのおか)。
我々が、そして聴いてくださる皆様が、希い求める音はここにある、という自負をこめて。
また、この先数々の山を越えてゆく決意も込めて。

 

4thアルバム「希求の丘」

希(ねが)い望む音はここに。 活動15年、オオフジツボが今、一つの丘に立つ。 さらなる新しい地平を目指す4thアルバム。ヴァイオリン、アコーディオン、ギターによる唯一無二の世界。

太田光宏(gt)、藤野由佳(ac)、壷井彰久(vl)

アルバムの視聴はこちらから。

ライブ会場で購入

オオフジツボのライブ会場を始め、各メンバーが参加する他のバンドのライブ会場で購入できます。

通信販売

壷井が運営する通販サイト「Akihisa Tsuboy Direct」で購入できます。クレジットカード決済/キャリア決済/後払い/銀行振込/コンビニ払い/PayPal払いに対応しています。

また、ディスクユニオンのオンラインショップでも購入いただけます。

お店で購入

ディスクユニオンの以下の店舗で購入いただけます。(2020/10/27(火)以降)

  • お茶の水駅前店
  • 横浜関内店
  • 千葉店
  • 北浦和店
  • 大阪店
  • 新宿プログレッシヴロック館

 

 

 

 

 

 

 

透明な庭「Invisible Garden」

 

 

 

 

 

 

 

 

成城学園前の喫茶店、カフェ・ブールマンでの、shezooさんとのライブからはじまったデュオ。
ブールマンマスター吉岡さんの撮る心象風景のような、写真たちに導かれ、
二人それぞれが曲を書き、このアルバムとなりました。

私は、写真からのイメージをそのまま素直に、スケッチのように音にすることから始めました。

レコーディングは、ソロアルバム「秋の光」と同じ、パストラルサウンド。スタンウェイの美しいピアノの響きをエンジニア伊藤さんが、そのままに録ってくださいました。
ミックス&マスタリングを担当してくださった壷井さんは、shezooさんと私の音を熟知しているだけあって、二人の良いところを最大限に引き出してくださいました。

ジャケットデザイン、アーティスト写真も吉岡さんにお願いしました。

音と写真で世界観が完成するこの作品、
是非、アルバムをお手に取って聞いていただけたら嬉しいです。

1. Invisible Garden
2. たなびき、揺れる
3. 空と花
4. 夕影
5. ひまわり
6. 晩夏光
7. Tower
8. 永遠
9. Hydrangea

Produced by 透明な庭
Composed by 藤野由佳 (1,2,4,6,8) & shezoo (1,3,5,7,9)
All Arranged by 透明な庭
except track1 Arranged by 透明な庭&伊藤貴匡
Recorden by 伊藤貴匡
Mixed and Mastered by 壷井彰久
Photo & Design 吉岡剛秀

透明な庭

2018年結成。藤野由佳(アコーディオン)とshezoo(ピアノ)によるデュオ。
透明な庭にあるものは、形にしようとすると色褪せ、口に発すると意味を失うものたち。
ただふたりが見たまま感じるままに、熱を秘めた静謐な音楽を紡ぐ。

shezoo(piano)
情景や映像を喚起させるアーティストとして、多様な形で作品で音楽を生み出す。トリニテ、夜の音楽、puis、様々なアーティストとの共演、楽曲提供に加えて、クラシック以外のミュージシャンによる「バッハマタイ受難曲プロジェクト」を進行中。アルバム「nature circle」「prayer」「月の歴史」「神々の骨」shezoo.cocolog-nifty.com

2020年2月1日より、流通及び配信開始
通信販売
Amazon
https://amzn.to/37roD0h
Akihisa Tsuboy Direct(violinist壷井彰久の通信販売ページ)
https://shop.tsuboy.com/
配信
下記含む、主要国内/海外音楽配信サイトにて配信
iTunes/Apple Music/Amazon music/Spotify/Google Play Music @ Cafe beulmans

タニクミとオオフジツボ「アレキサンドライトの冒険」

アレキサンドライト少年の、煌めきと不思議に満ちた旅が今、はじまる

FFCC/逆転オセロニアで知られる作曲家&ピアニスト谷岡久美と最強のアコースティックバンド・オオフジツボが初タッグ!

オオフジツボの人気曲「アレキサンドライト・セット」を軸に、冒険物語のBGMという体裁で作られた、胸躍る完全書き下ろしオリジナルアルバム、全10曲。

1. サルファー草原の風〜旅立ち
2. 綺羅の魔女エメラルド
3. 使い魔オブシディアン
4. 朝焼けのオーニソプター
5. Opal de Bazaar
6. 幻の島アンブリゴ
7. Diamond Dragon
8. 孔雀石の約束
9. ウヴァロヴァイト・ファイト
10. Alexandrite Set
タニクミとオオフジツボ
谷岡久美 (piano)  太田光宏 (guitar)   藤野由佳 (accordion)   壷井彰久 (violin)
Produced by タニクミとオオフジツボ
Composed by 谷岡久美 (3,5,7) 太田光宏 (2,8) 藤野由佳 (1,6,10) 壷井彰久 (4,9)
All tracks arranged by タニクミとオオフジツボ
except track10 arranged by 谷岡久美
Recorded, Mixed and Mastered by 壷井彰久
Illustration and Design 中田淳
※発売はメンバー及び、通信販売Akihisa Tsuboy Direct
にて。

ソロアルバム「秋の光」について

「桜の夢の中」「心ふるわすもの」に続いて、6年ぶりのソロアルバムになります。

この6年の間に、折々作り弾いてきた、私のオリジナル8曲を収録しています。

元々クラシックピアノからスタートし、色々あって、ピアノと似ているようで180度違うアコーディオンにたどり着き。
体の中で包み込むように、呼吸するように弾く、アコーディオン。
そうしていつも頭の片隅にあるのは、
「アコーディオンソロとして、どういう表現ができるのか」でした。

西荻窪のライブハウス・音や金時さんに機会をいただき、はじめることになった年2回のソロライブを中心に、考え続け、ひたすら弾いてきました。

曲を書くということ、特にソロは、私にはなかなか難しいことで、
書こうと思って書けるものでもなく…
その時々に出会った出来事—ひとやものや風景や、もっと大きい世界のことや、
読んだ本から、なにげないひとことの言葉から、
突如、音にしたいと思う時があり、曲になります。

この6年で一番音にしてきたのは、「失ったもの」についてのように思います。
ひとときの、または永遠の別れ、旅立つものを見送り、
失ったひと、失った心。
徐々に記憶はうすれてゆくけれど…
その時その瞬間を、音の中に残すことは出来る。
どんな曲でも、弾くたびにいつも、その時のことを思い出します。

今回のアルバムに入っているのはそんな曲たちです。

レコーディングをするにあたり、
考えた結果「デュオ」という形をとりました。
ソロとしてのアコーディオンの力を十分に使いつつ、
ハーモニーも生み出すことの出来る最小限の表現形態。
相方として、私の音楽を理解し、愛してくれ、
全権の信頼をおく、友人としても大切なミュージシャンたちにお願いしました。
この曲は、この人の、この楽器に奏でてもらいたい、
そういうラインナップになっています。

録音は、奥沢のパストラル・サウンドにて。
天井が高く、広く響きのあるスタジオです。
全て一発録りです。
一音一音、音の切れ目まで心を込めて弾きました。

エンジニアは、俳優座劇場での音楽劇「人形の家」録音でお世話になった山田正弘さんと、
セカンドエンジニアに米田聖さん。
おふたりとも常に優しくサポートくださり、
私が耳で聴いている音と同じ(これが案外難しいのです)、
自然な音で録ってくださいました。
ミックスも時間をかけて丁寧に、私の内なるイメージを
より明確に形づくってくださいました。

ささやかだけれど、私の今出来ること全てを込めた「秋の光」、
お届けできれば嬉しいです。

3rd solo album  藤野由佳「秋の光」 SBBR0001

うつろいゆく光 失われたものは 音の中に
アコーディオン+1。ヴァイオリン、チェロ、マリンバ、アイリッシュハープ、そしてうた。様々な楽器とのデュオで描く、8つの追憶。

1. ゆめ  Accordion solo
2. なのはな with 梅田 千晶 Irish harp
3. 踊る風 with 壷井 彰久 Violin
4. 秋の光 with 三浦 咲 Marimba
5. 冬の始まり with 奥村 景 Cello
6. 鳥 Accordion solo
7. Lumina with 寺田 侑加 Vocal
8. 青い実のワルツ with 三浦 咲 Glockenspiel

Produced by 藤野由佳
All Composed, Arranged & Accordion by 藤野由佳
Except track2 Arranged by 梅田千晶, Lyrics of track7 written by 寺田侑加
Photography by 吉岡剛秀
Art Direction & Design by 吉田直之(nrs516)

 

2019.9.14 release
2021.7.7 再発売
2,200円(税込)

アルバム発売記念ライブ
2019年9月14日(土)西荻窪 音や金時 東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1

18:30 open / 19:30 start
Charge ¥3,000+order

ゲスト:壷井彰久(Viloin), 三浦咲(Marimba, Glockenspiel)
※ご予約は受け付けておりません。当日直接お越しください。

Riquisimo「Charla」

作曲家、ピアニストである谷岡久美さんと出会ったのは、光田康典さんの二十周年記念コンサート。谷岡さんの、限りなく優しく、けれども芯のあるピアノがとても好きで、
Riquisimoとしてデュオを結成し、そしてついに!二人のオリジナルアルバムが出来ました。

三日間、スタジオに合宿し一発録りしました。
寝食を共にし、弾いておしゃべりして…そんな和気藹々とした音をそのまま新鮮パックで…!

ジャケット撮影は、宇都宮の素敵なカフェ、京屋茶舗さん。丘の傾斜に貼ったテントにて。
カメラマンは、ユカキラリタでもお世話になった端山公さん。美しい緑にとけこむ我々を自然体で撮ってくださいました!
デザインは、児童書からノベルまで、自在にカラーを作り上げるデザイナーみぞぐちまいこさん。ガーリーなジャケット、夢でした。

レコーディングエンジニアは、佐川大樹さん。演奏者の内在能力を自然に引き出す達人!
ミックスマスタリングは、演奏もしてくださった壷井彰久さん。長い付き合い、ユニットの性格を的確に音にしてくださいました。演奏も素晴らしかった!

*****

ほころび、はじけ、ひろがる。
音と音による、10のチャルラ(おしゃべり)。
アコーディオン、ピアノ、時々ヴァイオリン。
Riquisimoのオリジナルファーストアルバム。
Guest 壷井彰久(violin)

1. Riquisimo
2. jamais vu
3. Bluebell
4. Rose red
5. 刻印―orange―
6. Greenery
7. sprint
8. so far2
9. 鳥の詩
10.Surely someday

全10曲

【Riquisimo】 谷岡久美 piano 藤野由佳 accordion 2016年結成。ゲーム音楽を中心に多方面で活動する作曲家・ピアニスト谷岡久美と、 アイリッシュからオリジナルまで情景を豊かに描くアコーディオニスト藤野由佳のユニット。 「心においしい音楽」をキーワードに、優しく、時に激しく、元気の出る音楽を制作中。 リキシモはスペイン語で「めっちゃおいしい」の意味。二人とも食べる事が大好き。

通信販売も行っております!

Sweep Records通販

アマゾン

オオフジツボとリタ「螺旋の刻印」

Jacket-small

 

 

 

 

 

 

 

オオフジツボとリタ、2枚目のアルバムにして、はじめてのフルアルバムです。
全8曲のうち7曲はオオフジツボによる書き下ろし、歌詞は全曲RItaさん。
ジャケット・ブックレット写真、そしてデザインは、すべて鈴木マイさん。

***

ここ数年「オオフジツボとリタprecious」として、パーカッションよしうらけんじさんをお迎えして、スチームパンク世界を舞台とした、朗読+音楽+映像のステージをやってきました。機械人形の数奇な人生を描く物語です。今回はその物語世界とかすかにリンクした音と言葉づくりになっています。人形にとってのかけがいのない人間との出会いや永遠の別れ、人形の記憶に刻まれた情景…。
勿論、そうした物語とは関係なく、一枚のアルバム作品としてもお楽しみいただけます。
メンバー各人の持ち味を最大限に生かした力作です!
オオフジツボのアルバムでおなじみ、鈴木マイさんの写真作品も今回のアルバムコンセプトにかなり接近したチョイスとデザインで、特にブックレットは写真集さながら、ふんだんに作品を使わせていただいています。

そして本アルバムには、ZABADAK吉良知彦さん、Ritaさんと活動してきたユカキラリタの曲、「遠すぎた10月」も収録しています。吉良さん作曲、Ritaさん作詞、本来はユカキラリタセカンドアルバムに収録予定でしたが、今回太田さん壷井さんの理解と協力もあって、「螺旋の刻印」に収録させていただきました。
今回収録するにあたり、アレンジもあらためて検討し、新たにオオフジツボとリタとしてのアレンジ
としました。それが収録する意味でもある、と思っています。

私の曲「風の生まれる国」、その原型は、ユカキラリタのリハに持ち込んだ曲でした。けれどもその時は完成には程遠く、吉良さんやRitaさんにポカーンとされた記憶があります。吉良さんが亡くなられて、オオフジツボとリタのライブをすることになった時、この曲を思い出しあらためて譜面を見ていたら一気に形になりました。リタさんも同じように何かを感じて歌詞をつけてくれました。というわけで、この曲は私とRitaさんにとっては挽歌であり、新たな旅立ちの曲ともなっています。

————————————————————————————-

心に深く刻まれた印―消えることのない記憶と生きてゆく。これからもずっと。
オオフジツボとリタ、セカンドアルバム。書き下ろしオリジナル7曲に加え、ユカキラリタ「遠すぎた10月」(吉良知彦作曲)を収録。

1. 冬の空、君を想う 作詞:Rita/作曲:藤野由佳
2. 終わる世界 作詞:Rita/作曲:太田光宏
3. 光の窓辺 作詞:Rita/作曲:壷井彰久
4. 刻印―blue― 作詞:Rita/作曲:藤野由佳
5. 芽吹く祈り 作詞:Rita/作曲:太田光宏
6. Avalon 作詞:Rita/作曲:壷井彰久
7. 遠すぎた10月 作詞:Rita/作曲:吉良知彦
8. 風の生まれる国 作詞:Rita/作曲:藤野由佳

オオフジツボとリタ are 太田光宏(guitar)/藤野由佳(accordion)/壷井彰久(violin)/Rita(vocal)

All tracks arranged by オオフジツボ
Produced by オオフジツボとリタ
Recorded by 壷井彰久
Mixed and mastered by 壷井彰久
Manipulated by 内山利彦
Photographed by 鈴木マイ
Designed by 鈴木マイ

OFTB0007
TSUNAMI VOLCANO RECORDS
定価2,500円+税

2017年3月19,20日、二子玉川KIWAでのアルバム発売記念ライブにて先行販売予定
のち、AMAZONほかにて全国流通予定

螺旋の刻印PR_01オオフジツボとリタプレシャス201701_01

オオフジツボ「耀の遠心」

オオフジツボ結成10年!ようやく3枚目のアルバムが完成しました。メンバー渾身のオリジナル曲が詰まっています。どうぞお手にとっていただけますように…

すべて一発録りで、ライブ感を大切に作りました。録音、ミックス、マスタリングはヴァイオリンの壷井さん。メンバーならではの濃密な「音」に仕上げてくださいました。

アルバムタイトルは、オオフジツボのホームグラウンド、西荻窪・音や金時のママさん、Mama-kinが命名してくださいました。

ジャケット写真及びデザインはおなじみ、どこまでも美的でシャープなデザイナー、鈴木マイさん。今回はすべてオオフジツボ北海道ツアーの時に撮影されたものです。

————————————————————————————-

息吹が生まれる。根源から渦巻く永遠へ。
ケルトからオリジナルへ深化し続ける「オオフジツボ」の、
オリジナル 3rdアルバム。

引かれ合いながらも、中心から様々な方向へと向かっていく、三つの「個」。
三人それぞれの持つ音は、合わせた時に、光を放つ「一」となる。
アコースティックトリオ「オオフジツボ」、10年目の音がここに。

■曲目
1. Galeforce Gigue(壷井彰久)
2. 記憶(藤野由佳)
3. 春風満帆 (太田光宏)
4. 遠すぎた星(壷井彰久)
5. 空駆けるもの(藤野由佳)
6. 凪の旅路〜no words version (太田光宏)
7. Happy returns set (Scottish, etc.)
8. 宵蛍(藤野由佳)
9. 時の仕業(壷井彰久)
10.おもかげ (太田光宏)

オオフジツボ
耀の遠心
定価: 2,700円 (本体価格2,500円+税)

商品番号: OFTB-0006
2015/05/31 流通開始予定

ユカキラリタ「よぶこえ」

ZABADAK吉良知彦さん、ボーカリストRitaさんとのユニット、
ユカキラリタで、初ライブに合わせて制作しました。
全3曲収録、すべて書きおろし新録です。
私はうち2曲、「Sadalbari」「te to te to」を書きました。
いずれもRitaさんが星をイメージした素敵な詞をつけてくださいました。

「Sadalbari」は、疾走感ある変態変拍子トラッド風味、ちょっと流浪の冒険音楽風。
間奏にユカキラ的疾風怒濤なロック感も投入。
「te to te to」は、バラード。こういう切な強さを秘めたメロディはRItaさんにとても合うと思っています。
いずれもメンバーをイメージして書きました。

アレンジ面では、吉良さんが色々アイデアを出してくださり、プログラミングあり、多重コーラスあり…ライブとはまた違うテイストで完成させています。

吉良さん作詞作曲「夏の終わり」は、夏の終わりの、一人の孤独を歌った、激しく狂おしく切ない一曲です。

そして、今回のレコーディング、ミックスエンジニアは、吉良さんご本人。
私たちが体感している熱をそのままに閉じ込めてくださっています。

アルバムジャケット写真、そしてデザインは、端山公さん。以前、私の「桜の夢の中」の写真デザインをやっていただきました。ひさしぶりの共同タッグ!
月光浴や雪の風景、空や森…静謐の美を見いだす自然写真家の端山さんがとても素敵な星の写真を提供してくださいました。ブックレットも含め星尽くしの一枚です。

————————————————————————-
声を聞け、呼ぶ声を―

ZABADAK・吉良知彦、
アコーディオン・藤野由佳、
ボーカリスト・Rita、 初のコラボレーション。
沸き上がる思いを音で綴り交差しながら
時に猛々しく時に繊細に奏でる三人三様の『声』。
渾身の全曲書き下ろし3曲入りマキシシングル。
ジャケット写真・デザインは気鋭の写真家、端山公。
**********
『よぶこえ』/ユカキラリタ
1.Sadalbari
作詞:Rita 作曲:藤野由佳
2.te to te to
作詞:Rita 作曲:藤野由佳
3.夏の終わりに
作詞・作曲:吉良知彦(ZABADAK)

YKRT0001
価格:1500円

【全曲試聴ムービー】

蛇腹姉妹「蛇腹島奇譚」

佐々木絵実さんとのアコーディオンデュオ、
蛇腹姉妹、結成8年目にしてはじめてのオリジナルフルアルバムです。

蛇腹島という架空の島をモチーフに、
島の東西南北には何がある?…からはじまりました。
「島」という発想を介すると、
二人ともむくむくと想像力(妄想力ともいう)が刺激されて
話しているうちに曲を思いつくこともあったり。
この上なく楽しい作業でした。
そうして出来上がった空想の産物には、
結局のところ、各人の想いや願い、真実が
含まれていて。
「夢を見る力」の強さ。
アコーディオン弾きの理想郷。
ひとときこんな夢を見てもいいんじゃないかな
なんて思います。

基本、作曲者が付随する物語も書き
二人用にアレンジもしていますが、
時々合作もあります。

演奏はすべて二人によるものです。
パーカッションや鳴り物も各人好き好きに入れました。

ジャケットイラストはライブペインティングなどの活動もされている、
左馬さざなみさん。
的確に物語を読み取り広げ、
佐々木さんとのディスカッションを重ね、
より蛇腹姉妹テイストに近づけてくださいました。

「蛇腹島奇譚」は絵本のような作りで、
広げると大きな一枚の紙で、島の地図となります。
そんな不思議な魅力的な装丁をしてくださったのは
デザイナーの首藤彩子さん。

エンジニアは、
私のソロアルバム「心ふるわすもの」、
Blueberry&Yogurt+Yuka Fujino「螺子巻く夜の記憶」に続き、
内山利彦さん。
2人のくせに音数の多いレコーディングに
辛抱強くつきあってくださり、
アコーディオン2台を立体的、かつノスタルジックな
ミックスに仕上げてくださいました。

蛇腹姉妹「蛇腹島奇譚」
~住民全てがアコーディオン弾きの島・蛇腹島にまつわる12の曲と物語。
現在までに明かされている蛇腹島の特製地図付き!~
1月24日発売
JBRS0001
1. 街の朝
2. ブル ・ ブル ・ マーケット
3. ぜんまい鳥のカノン 〈 子どものための重奏小品集12番 〉
4. 樹海
5. 砦
6. 祠
7. 夕刻の海岸
8. おやゆびの森〈 子どものための重奏小品集5番 〉
9. ダンヘ隊長
10. めぐるまわる
11. クラーヤ ・ ミザッカ ・ ポルカ
12. 中央高地
全12曲
定価:2,500円+税
全国流通開始、2月8日予定