カテゴリー別アーカイブ: オオフジツボ2012夏ツアー

オオフジツボ北海道ツアー富良野編

ツアーの最終日は、
富良野、野良窯さんへ。

陶芸家の大槻さんは、野良窯という窯をひらいている。
奥様のみどりさんは、併設する古民家で「ノラカフェ」
をやっていて、そこでのライブ。これまた三年ぶり!
大槻さんご夫妻もとても心待ちにしてくださっていて、
何度もメールをくださった。
本当にうれしい…!

着くなり渡されたのは、先週ここに来ていた、
東京のアイリッシュバンド、
「John John Festival」からの置き手紙…
手紙書いたって聞いてたけれど、
これはオオフジツボチラシへの単なる落書きじゃないか~!!
…相当くだらない。
大爆笑してしまった自分がくやしい~いやあおもろかった…
ここでお見せできないのが残念です…

そしてセッティング。
今回、音響機材が無いということで、
大槻さんが近所の方から借りてきてくださったのが、
35年前の年季の入った一品。
古くてなかなかクセのある機材らしいのだけど、
それがかえって壷井さんと太田さんのマニア心を
くすぐったらしく、
2人の目の色が変わったのを見逃しませんでした。
しばらくあーでもないこーでもないとやってました。
役立たずの私…

そのおかげで無事ライブに。
たくさんの方に来ていただき感激でした…!
中にはやはり三年前に来てくださった方もちらほら…!
メロン農家の方が、大っきなメロンもくださいました!
三年分の空白を埋めるように…
新旧曲とりそろえて演奏しました。

終了後は、みどりさんお手製のカレーを
ごちそうになりました。すごくおいしかった!
すべて、大槻さんの陶芸作品に盛られていて、
お二人で作品を作っているんだなぁと思いました。
野良窯さんの食器は、しっかりしていて、
シンプルに美しく、そして何より使いやすい。
私もコップを一つ買って帰り、
今使っています。

大槻さんご夫妻と色々お話もできて、
この日からお手伝いさんとして入ったという、
ともこさんともおともだちになって、
楽しい夜でした!

また近いうちにうかがいます!

写真(左上より)
○野良窯さんのお庭はラベンダーが満開!
○機材調整に燃える男たち、その1
○機材調整に燃える男たち、その2
○みどりさんお手製のパン。どれもおいしそう…
(実際おいしかった!!)
○札幌から画家のすがさんがいらしてくださり、
スケッチしてくださいました。壷井さん足長!!
○みどりさんお手製キーマラムカレー!!を
大槻さんの陶芸作品で!

furano22012furano7furano82012furano32012furano42012furano52012

オオフジツボ北海道ツアー札幌編

当別で、坂本夫妻とのんびり過ごした後、札幌へ。
まずはジンギスカンを食べるのである!
三年前と同じくサッポロビールファクトリーへ、
そして通されたのは、全く同じ席でありました…
…途中で気づいたのだけど、
三人とも、三年前と同じもの飲んでる!
そしてがっつり食べました!

そして、レストランのやさんへ。
相変わらずの素敵な、落ち着いた雰囲気!
近所にあったら絶対通うのになぁ…!

人なつっこい笑顔のオーナー、川端さんと、
PAのイケメン松川さんが
あたたかく迎えてくださる。
お二人とも、また是非来てください!って
おっしゃってくださっていたのです…
ありがたいことです…涙

蔵を改装した店内は音が響く。PAもばっちり!
ライブも気持ちよく演奏させていただきました!
東京から北海道に転勤された方々も来てくださってよかった…!
(ちゃんとご挨拶ができなかった方も…すみません;
ありがとうございました!)

終了後は来てくださった方々と打ち上げ!
これがツアーの楽しいところだったりします…!
のやさんの本当においしいお料理とビールのおかげで、
相当ボケトークをかましてしまいました…
こういうところに地が出ますね…汗

写真(左上より)
○サッポロビールファクトリーにて。
三年前と同じ場所!
オオフジツボアルバム「ゆめのあと」ライナーノーツを
お持ちの方は見比べてください…
○太田とうさんは、三年前と同じ、利きビールセット!
私は黄色いトマトジュース。壷井さんはウーロン茶。
代わり映えのしない人々…
○のやさんにてリハーサル中!

sapporo2012sapporo201203sapporo201202

オオフジツボ北海道ツアー当別編2

当別コンサートの翌日は、
坂本さんご夫妻が、
当別町内を案内してくださいました。

まず朝食にと、天然酵母のパン屋さん、
「ノルトエッセン」へ。
素敵なお庭のある一軒家で、
焼きたてのパンがたくさん…!!
ものすごく良い香り…!
素敵なご夫婦がちゃきちゃきと切り盛りされてました。

パンは大好きで色々なところで食べるけれど、
これはもう五本の指に入るお気に入りとなりました!

私はジャムパンとサーモンベーグル。
パン生地の素材の味自体がふくよかで、滋味がありました…
壷井さんは4個!おいしそうだった…

そして、当別の名所とも言える、
住宅街、スウェーデンヒルズへ。
当別町は、
スウェーデンのレクサンドという都市と姉妹都市。
スウェーデンヒルズは緑豊かな丘、
赤い木造の北欧式住宅が建ち並んでいます。
それもすごくたくさん…!坂を車でいくら上っても
続く続く…東京とは規模が違うなぁ…!
電柱がなく広々として空間で(地下に埋めてあるそうです)。
素敵なところでした!

最終到達地点は、その奥にある、レクサンド公園。
たんぽぽ畑とスウェーデンの木馬がある広い空間で、
本当にのびのび~としたのでした…

坂本さん、楽しい時間をありがとうございました…!

写真(左上より)
○ノルトエッセン店内で結成されたピアノギターデュオ
「オオツボ」
○ノルトエッセン看板。当別にお越しの際は是非!
○ノルトエッセンのお庭。眺めながらパンを食べる…
○レクサンド公園の広大なタンポポ野原。

toubetsu201204toubetsu201205toubetsu201206toubetsu201207

オオフジツボ北海道ツアー当別編1

三年ぶりの北海道ツアー、
相変わらず全員寝不足、
どよ~んとした顔で集合。

しかし、新千歳に降り立ち、
空港で海鮮丼など食べ、
レンタカーで広い空の下に出ると
もうテンションはあがりまくりだから不思議なものです。

一日目の当別は、
当別町の当別ふくろうの会さん、
そして坂本さんという女性が中心に企画してくださった
コンサートへの出演。
「オオフジツボ 七夜月 風と緑のコンサート」
という素敵なタイトルもつけてくださいました!

会場は、石狩当別駅前の赤レンガのふれあい倉庫。
古い米倉だったそうで、演奏スペースが…広い!!
音響さんはとても丁寧に音作りしてくださるし、
お勤めから駆けつけてくださったという鰐淵さんという方が、
素敵な照明をセッティングしてくださる。

本番はとてもたくさんの方が聴きにきてくださいました!
オオフジツボはほとんどがオリジナルで
とっつきづらいと思うのですが、
皆さん曲が進むにつれ、
身を乗り出すように聴いてくださってました。

坂本さんはじめ地元の皆さんが
色々なコンサートを地道に開催されていて、
それをいつも楽しみにしてらっしゃる方々がいて…
そういう土壌が大切に育てられているんだなぁと思いました。

背景には照明に加え、当別の美しい風景写真も映していただき、
思わぬ贅沢なコラボレーションとなりました!

お客様の中には、三年前、
当別のハーピーバレーゴルフクラブでの
コンサートに来てくださってた方もちらほらと…
覚えていてまた来てくださって…感激でした。
さらにはそのコンサートデートがきっかけで、
ご夫婦になったカップルも…!!
東京でもライブをきっかけに付き合ったという
カップルもいらっしゃるので、
オオフジツボの今後のキャッチフレーズは
「愛を呼ぶバンド」です…!?

コンサート終了後は打ち上げもしていただく。
美味しい焼き鳥屋さんで、ビーーール!!
坂本さんご夫婦や、件のご夫婦、
東京組(!!)や地元や札幌の方々…
みなさんとたくさんお話をして、
すごく楽しい一夜となりました!

そしてホテルに戻ると睡眠時間2時間のツケが出て
前後不覚に…(たぶん皆そう!)

写真(左上から)
○会場ホールにてリハーサル中のメンバーと音響さん。
○照明がつくと一気に華やかに…!
○ふれあい倉庫外観

toubetsu201202toubetsu201201toubetsu201203