カテゴリー別アーカイブ: ソロアルバム「心ふるわすもの」

風町へむかう

5b619de2.jpgアルバム「心ふるわすもの」の1曲目、
「夏色の風」は、
竹下文子さんの『風町通信』という本の中の、
「風電話」というおはなしをイメージして
作ったものです。

『風町通信』は、
不思議なまち、風町を舞台にした短編集で、
大好きな本です。

風町はどうしたら行けるのか、
つかもうとすると手の中をするりと
ぬけてゆく風のように、
無理に行こうとしても行けない。
心のおもむくままに進むとゆきつく…そんな町。

竹下さんの感覚的で、
自在な文章に身を任せていると、
自分もその空間をたゆたっているような
感覚におちいります。
(そういう時はもう風町にいるのでしょう…)
曲を作る時も、
見えたまま、感じたままを
音にしようと試みました。

そのご縁あって、
竹下文子さんがご自身のブログ「閑猫堂」に
「心ふるわすもの」を紹介してくださいました。
とても嬉しいおことば…!
(ありがとうございます!)
「閑猫堂」内記事「心ふるわすもの」
井戸水のような音…目指すところです。

竹下さんは多くの絵本や、
黒ねこサンゴロウシリーズなど、
たくさんの著作があります。
竹下さんがブログで触れられている、
アコーディオンが物語で重要な役割を担うお話は、
『波のパラダイス』。
じわじわと心にくるお話です…

私の拙い文章ではお伝えしきれないのですが…
どのお話も本当に素敵なので、
是非本をお手にとって読んでください…!

写真は偕成社刊『風町通信』の表紙です。

レコ発ライブ第二弾、ありがとうございました!

四谷の小さな喫茶店homeriさんでの
ソロアルバム発売記念ライブ、終了しました!
お越し下さったみなさま、
ありがとうございました!

差し入れも色々いただき…
これから至福の時を過ごします…!

homeriさんは響きもよく、居心地がよい。
来る度いつもなんだかほっとします。
黒木雅彦さんのジャケット原画もぴったり!
絶対ここに飾ったら似合う!と思っていましたが
その通り!

そして、お客さまのあたたかな空気に包まれて、
この上なく心地よく演奏させていただきました!

前半は私のソロ。
新曲も何曲か挑戦しました!

後半は朗読家青木ひろこさんとのコラボレーション。
安房直子さんの「春の窓」何度きいても、いい…っ!
演奏していても感情移入してしまいます…
青木さん曰く、
「読む回数を重ねれば重ねるほど、もっと良い話になっていく」
だそうです。なるほど…本当にそうでした。

次回はちょっと先ですが11/9(土)、
同じくhomeriさんにて青木さんの朗読とアコーディオン、
新作公演です!

11月は、
このほかに、11/13のアンジョン、11/27の私のソロと
3回もhomeriさんにおじゃまします…

写真:たべさん(ありがとうございます!)
クリックしてご覧ください!

4f214a8e.jpg

ソロアルバム「心ふるわすもの」について(その3)

心ふるわす方々、ソフト面です。

●作曲家、松岡政長さん。
手塚眞監督の映画作品の音楽や、
TBSの世界遺産のBGMほか、
ドラマや映画の音楽を多く手がける方。
私のファーストソロアルバム「桜の夢の中」も、
松岡政長さんによる組曲です。
松岡さんの曲は、
私にとってまさに「心ふるわすもの」。
フレーズの一つ一つが心に響き、
一生をかけて、
弾き続けていきたい音楽です。
今回の収録曲のうちの1曲「Screen play No.3」
は、ソロのために書きおろしてくださいました。
昨年末に出来たばかりの曲で、
かっこよくもなかなか
一筋縄ではいかない作品でしたが、
この曲を形にしたい一心で…
楽器を変えて録り直したり、
体当たりし続けました。
良い結果になったと思います。

●作曲兼エンジニア、壷井彰久さん。
オオフジツボでご一緒している、ヴァイオリンプレイヤー
壷井彰久さん。
そのオオフジツボに書き下ろした作品、
「遠すぎた星」を、
バンドより一足先に収録させていただきました。
壷井さんの曲は疾走感のある、
かっこいい曲がたくさんありますが、
こうしたハーモニーの硬質な美しさもまた、
とても壷井さんらしく。
アコーディオン1本で奏でた時の
心がしん…とする瞬間、
漂う孤独感が
なんとも好きです。
また、長年尊敬する音楽仲間である、
壷井さんの曲を
こうしておさめられたことも、
個人的に嬉しく、ありがたく思っています。
また、壷井さんには、ドラムの録音エンジニアも
やっていただきました。感謝…!!

●アコーディオン&ドラム、佐々木絵実さん。
蛇腹姉妹は音源化したものが少なくて…
(映画「ジャバラ姉妹」サウンドトラック、
CDR「蛇腹島の一日」、
大貫妙子コンピレーションアルバム
「音のブーケ」に1曲参加、
の計3タイトル)
今回、1曲は蛇腹姉妹としての録音源を
作ろうと思っていました。
佐々木さんの音作りのセンスが大好きです。
私が作った曲も、どこかを必ず、
佐々木さん色に染めてもらいます。
そうしてはじめて、蛇腹姉妹謹製、
になるような気がします。
今回の収録では、
その場でアレンジを詰めていきました。
テンポを変えたり、揺らしても、
すぐにぴったりと2人の演奏が合うのは、
年月ゆえか!
長く長く演奏ご一緒できたら…
と思っています。
ドラムも叩いていただき、
蛇腹姉妹お得意の!?
得体の知れない、
あやしいけれどわくわくするもの、
になりました。

ソロアルバム「心ふるわすもの」について(その2)

今回のアルバムはタイトルが中々決まらなかったのですが、
どんなものを作りたいのか…とたどっていったら、
「心ふるわすもの」になりました。

音や記憶や風景、ひと…
それらに触れた時、
時折、ふるふると心がざわめく瞬間があります。
そんなものを集めて作品にしたかったのだと思いあたりました。

一緒にアルバムを作ってくださった
心ふるわす方々のご紹介です。
まずはハード面。

●エンジニア、内山利彦さん
ボーカリストRitaさんと、
音楽ユニット「Blueberry&Yogurt」
として活動する作曲家、そしてエンジニア。
Ritaさんの歌うゲームの主題歌、
「Dorchadas」や「Rosa morada」も内山さんの曲です。
様々な曲で、私の音や持ち味を的確に生かしてくださって、
ジャンルは違えど、
一緒に音作りをしていただきたいと思っていました。
そして、
そこにいるだけでほっとするような存在感の持ち主。
最後まであたたかく、根気強くつきあっていただき、
私が聴いて「私の音だ」と思える音を録って
かたちにしてくださいました。

●ジャケットイラスト、黒木雅彦さん。
ミュージシャンとしても活動している黒木さんとは、
蛇腹姉妹の対バンとして知り合いました。
ウクレレやギターを弾きながら、
ゆるやかに歌う姿が印象的でした。
その後画家でいらっしゃることを知って
個展に行き、すっかりファンに。
静謐だけれど音の存在する世界。
どこへ通じるのか分からない、奥行感。
私が小さい頃に好きだった世界、
そして大きくなって好きになった世界、
両方があります。
今回のアルバムのために、私の曲を聴いて
書き下ろしてくださいました。
2本予定しているレコ発ライブでは
原画をステージに飾ります。
是非実物を見ていただきたくて…
相当大きいのです!

●デザイナー、中田淳さん。
オオフジツボのセカンドアルバム「ゆめのあと」や
オオフジツボてぬぐい、クリアファイル…
みな中田さんの作品です。
いつまでも少年のような遊び心を忘れず、
根っから優しく時に繊細な中田さん。
デザイナーとしてはゆるぎなく迷いなく、
私のオーダーを的確に形にしてくださいました。
黒木さんの絵を中心に、絵本のように、
そして、
中田さんの優しさや遊び心が色々なところに見え隠れする
デザインとなりました。
中田さんといえば…の、
可愛いちびキャラクター「ゆかりんちゃん」も隠れています!

ソロアルバム「心ふるわすもの」について(その1)

4aab0977.png本日、データの入稿がすべて終わりました。

色々な思いをこめて、
かたちにしたかったものを、かたちにしました。
楽器はほぼアコーディオン一本だけれど、
色々な風景が見えるような…
そんなアルバムを目指しました。

発売は6/30(日)
アルバム発売記念ライブ@音や金時さんにて。
流通関係はこれから手配するので(完全なる一人作業…)、
当分はライブ会場での販売になると思います。

遠方の方にはなかなか買いづらいと思うので、
6/15(土)の京都、6/16(日)大阪のライブには、
持っていこうと思っています。

「ひかりさす木陰、猫が踊る。
アコーディオンが紡ぐ、文字のない詩集。
心ふるわす記憶をたどりながら、ただ、ひたむきに弾き続ける―
藤野由佳のセカンドソロアルバム。」

「心ふるわすもの」
1 夏色の風~きれいな水が流れるところ
2 猫がいなくなった日
3 窓のむこう
4 遠すぎた星
5 鳴りやまぬ記憶
6 Screen play No.3
7 サーカスの一夜
8 こもれび、ひだまり

TSUNAMI VOLCANO RECORDS
品番:OFTB0003
定価:2,000円(税抜)/ 2,100円(税込)

Accordions by 藤野由佳
Accordion&drums by 佐々木絵実(7)

Composed by
藤野由佳(1,2,3,7,8)松岡政長(5,6)壷井彰久(4)

レコーディング終了!

92fde284.jpgソロアルバム、自分のアコーディオンの録りは
ちょっと前に終了していたのですが、
今日の蛇腹姉妹・佐々木さんのドラム録音をもって、
すべて終了しました!

一曲だけ入れた蛇腹姉妹の曲に、
佐々木さん自らドラムをたたいていただきました。
(…普通は先にドラムを録るのですが、
蛇腹姉妹的には後なのです…)

今日のエンジニアはオオフジツボ壷井さん。
ご自分のバンドでのドラム録りに慣れているので、
手早く準備、対応してくださる。

…そして、お二人とも、
ドラムに詳しくない私の頭の中にある妄想的ドラムを
的確にくみとって、
かたちにしてくださったのでした。

妖しくて間抜けで繊細。
これぞ蛇腹姉妹ワールド!
ドラマーでもある佐々木さんのたたくドラム、
かっこよかった!

…いつもだけれど、皆様に助けていただいて
存在している私です…感謝…!!

ソロアルバムレコーディング中

ここのところの三日間、
ソロアルバムのためのレコーディングをしていました。
昼過ぎから夜まで、
あーでもないこーでもないと
スタジオにこもってひたすら弾いてます。

録ってくださっているのは、
エンジニアの内山さん。
長時間にわたるのに、
常にあたたかくお付き合いくださりありがたや…涙

録っては持ち帰って聴き、の繰り返しで、
日々のすきまにみっしりと
このレコーディングが入り込んでいる感じです…

そうして曲たちと向かい合っていると、
自分も深いところにいってしまって…
かなりすりへりますが楽しい作業でもあります。

今回は曲数が多く、
山登りでいうと八合目くらいか…
なんとか目処がたってきました。

何に駆り立てられてこうしているのか、
でも止められない何かを抱えて制作中です。

そういえば、
前作ミニソロアルバム「桜の夢の中」発売中です。
その時の日記はこちら
アマゾンで発売中です。
もう桜も散り際。今年はちゃんと見られませんでした…涙

写真:
○エンジニア内山さん、顔出しNGにつき後ろ姿。
癒し系です…!
○一曲だけ蛇腹姉妹の相方、佐々木さんに
入ってもらいました。
長い付き合い、呼吸の合い具合が心地よい。
よいテイクが録れました!
終了後ビールで乾杯!
いい飲み屋だった~

uchiyamasansasakisan