カテゴリー別アーカイブ: Diary

Englandにて、Karen Tweedさんとの三日間~その2

翌日からレッスン。
karenさんの指示があって、
クラシックアコーディオン奏者、Romano Viazzaniさんのお宅へ。
バスと地下鉄を乗り継いでゆくという、イギリス初心者にはなかなか難易度の高い旅。

高台にある高級住宅街の一軒、
道に迷って困っているところを親切な町の人が連れて行ってくれる。

くたびれはてた私をRomanoさんがリビングに案内してくださると、
そこにはKaren TweedさんとKaren Streetさん。
お二人、名前が同じで間違われたりするけれど、Streetさんはジャズアコーディオニスト。
そして、私がTweedさんと同じ位好きなプレイの方。
そんな4人でランチとなったのだった!

話題は、アコーディオン教育について(彼らは今イギリスアコーディオンの規範となる、
奏法やテキスト、認定試験などを作ろうとしている)や、
どこそこの会社のアコーディオンについて、とか修理についてとか。
どこの国でもアコーディオン弾きの話題は一緒なのであった。

そして、Romanoさん宅は、レッスン兼レコーディングスタジオ、修理工房もあるという、
アコーディオン弾き憧れの家でありました…

そしていよいよKarenさんのレッスン。
まずは自分が弾いているアイリッシュチューンのリールセットを弾いてみせる。
それについてkarenさんが一曲一曲奏法について説明してくださる。
例えばポジションのこと。鍵盤と指の位置。装飾音の入れ方。
アクセントを付ける時の蛇腹の使い方。リズムのこと。
コントロールのこと。

私のやり続けてきた事を認めてくださった上で、
よりよくなるようにと色々なアドバイスくださる。
こうした音楽をやる時
日本でアコーディオンを習ったり、教則本に書いてあることだけでは、
全く太刀打ちできない。
自分は音を聴けばすぐに反映できる器用なタイプではないので、
ひたすら聴いては考え続けてきたのだけど、
それはさほど間違ったり遠くかけはなれたことではなかった。
パリに何度かレッスンに通って得た経験も加わって、
今だから分かること、がたくさんあった。
これが一生学び続ける事ということなんだな、と実感した。

Karenさんからは、リールとジグを一曲ずつ暗記してくるようにという宿題。

…色々な感動と驚きのあまり、全く写真を撮ることを忘れておりました…

Englandにて、Karen Tweedさんとの三日間~その1

ぽっかりと空いた九月の第5週。イギリスへ行こうと思い立った。
子どもの頃から本で読んで何より大好きだった風景や庭園を見ようと思って。
けれど、
その後、色々な偶然が重なって、
私がずっと憧れていたKaren Tweedさんとのプライベートレッスンを受けられることになった。

Karen Tweedさんは、ピアノアコーディオン奏者。
アイリッシュミュージックは
メロディオン(ダイアトニックボタンアコーディオン)で演奏されることも多いが、
彼女はピアノアコーディオンで弾くまさにパイオニアにして代表格。
その軽やかな手さばきや鋭いリズム感、そして左ボタンでの伴奏もリリカルで小気味よく美しい。
北欧音楽とのコラボレーションも多々。
この20年間、折に触れてはCDを聴いたり、YouTubeを見て奏法を研究したりしてきた。

叶うことなら、この目で、目の前でプレイを見たり、
日本で手探りで続けてきたピアノアコーディオンで弾く
アイリッシュミュージックについて、
そして彼女の生み出す音楽について聞いてみたりしたかった。
それが、なんだかばたばたと、急に叶うことになった。

アコーディオンと一緒に飛行機に乗り込み一人でイギリスへ。
ロンドンに着いてまずは、宿泊先、
Karenさんが見つけてくれたAirbnb(現地の人の家の一部に泊まる民泊みたいなもの)へ。

Mildmayという街。さばさばした女主人、Judyさんがひとりで切り盛りしている。
泊まっているのは私だけのふたりきり。
個室もあるし、朝ごはんは冷蔵庫にあるものを自由に料理して食べてよく、
昼間はリビングで練習もできる。素敵な小さなお庭もある。
イギリスの水道水は硬水で紅茶を入れると濃く出ておいしい。
そこに濃いめのミルク。
一息つくたびにミルクティーばかり飲んでました…
IMG_6205IMG_6203IMG_6220

 

IMG_6201

収録CDお知らせ

版画家で作家の青木ただすさんの画集&短編小説集
『版画の向こう側の物語』に付いている朗読CDにて、作曲・演奏をさせていただきました。
朗読は奥様の朗読家、青木ひろこさん。

IMG_5923

ただすさんの版画は、住んでらしたパリや宇都宮の風景を中心に。
独特の優しい色合いそのままに、フルカラーで収録されています。
一枚一枚に添えられた短編小説は、
様々な人の人生の断片を冷静に、でもあたたかく切り取って見せてくださいます。

 

 

私が演奏させていただいたのは「雲の街」という、
ある少年の成長を描いたお話。
初々しさや、希望を込めた短い曲を書いて弾いています。

CDはお話が3本収録されていて、私のほかに、
ギタリスト小川倫生さん、ケルティックハープ坂上真清さんが参加されています。
ひろこさんの語りがまたとても穏やかで、
聴いているだけで物語がすっと体にしみこんできます。

ひろこさんとは、ここ数年、年に1回「ショートファンタジーの世界」と題して、
朗読とオリジナル音楽のコンサートをやらせていただいていて、
そのご縁で、このような美しい本に参加させていただきました。
とても嬉しいです!

入手方法についてなのですが、現在全国流通はしておらず
宇都宮美術館、および栃木県内のTSUTAYAを中心に置かれているそうです。
新たな入手方法が分かりましたらまたお知らせします。

『版画の向こう側の物語』
青木ただす著
しもつけの心出版
3,500円
http://www.tochikyo.co.jp/html/Kyozkyog/inoue.html

 

ソロライブ御礼

夏の終わりのソロライブ、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました!

完全一人ソロ、これだけのボリュームでやったのははじめてで、
なかなかのプレッシャーでしたが、
今表現したいものに力の限りを尽くしました。

やって一番思ったのは、当たり前だけれど、大切なのは日々の積み重ね。
自分が不器用なこともあって、急に新しい事なんて出来なくて
考え続けて弾き続けて
実になったものしか出来ない、ということ。

「秋の光」三部作も、
今回「踊る風」を作って、なんとか完結。
これは自分がアコーディオンソロで表現できる世界を
模索して出来た組曲なので、嬉しい。

掴んだものを離さぬよう、精進します。

14089009_838016919666194_811906156763818219_n

e7a6be6fbb378913a9b3051ab178ed45955af6eabig

 

 

 

 

 

 

 

アコ弾きせきたさらいちゃんのプレゼントしてくれたブレスレットに
装飾女さんのピアスとハットピン、
ポッロヤキッサのフィドラーゆみえさんからのコサージュと、
友人たちからの魔法をありったけに身につけて。
(写真:つじさんと上條さん)

20160828藤野由佳@音や金時007

 

 

 

 

 

 

ソロライブ恒例!?自分のCD販売、
現在在庫している全14タイトルを1枚ずつ販売!
今回は値札の裏側に、
知って得する…いやしないかも…ひとことコメントも付けました!
値札ごとお買い上げくださったみなさまありがとうございました!
(写真:上條さん)

そして、装飾女さんのソロライブ応援グッズ!!

e9f5ed60c4839f098cd5ad6aff2b789aca567a06std

 

 

 

 

 

 

私の曲にちなんだ、「雪の日」ピアスや「猫がいなくなった日」ブローチ。
今回もまた美しいものばかり!そして離れた土地から
精一杯の応援を送ってくださった装飾女さんの気持ちが
何よりうれしかった!

いつもソロライブの場所を提供くださる(というかけしかけてくださる)
音や金時のマスター夫妻にも感謝です。
何もおっしゃることもなく受け入れてくださり、
でもいつも優しくも厳しい。
くじけそうになっても回を重ねることが出来ているのはこの場所だからです。

そして、お越しくださったみなさまの
あたたかいお言葉を糧にまた頑張ります!

次回は、私事なら誕生日、来年の1/15(日)、音や金時さんです!
一人かゲストありか…思案中です!

 

撮影旅行

ここ数年、アコーディオン弾き・せきたさらいちゃんと
写真家・端山公さんのアーティスト写真撮影旅行にご一緒して、私も撮影していただいています。
おかげでフライヤーが作りやすくなりました!

写真を撮っていただくのが重要なミッションですが、
私個人的には、土を踏みしめて
緑の中にうずもれるようにぼーっとする時間がうれしい(主にさらいちゃん撮影時)。
こういう時間はなかなか作ろうとしても作れないから、
無理矢理二人にくっついていってます…

端山さんは、本来は風景写真や自然の情景をキリッと美しく撮る写真家。
(ユカキラリタ「よぶこえ」の星写真及びデザインも端山さんです!)
素晴らしい撮影ポイントを探して、事前ロケハンしてくださいます。
おかげでいつも風景に溶け込んだ素敵な写真になっています。
…時々、楽器を持ってそこに行くのが大変だったりしますが…笑。それもまた楽し!

今回で3回目の撮影。やっと顔が自然になってきました…

たくさん撮っていただいている中から、折角なのでいくつかご紹介。

花からエネルギーを吸いとっているところ。

201607271407_DSC_5698

 

 

 

 

 

 

 

「お前、なかなかやるな!」「お前もな!」

201607271142_DSC_3839

 

 

 

 

 

いねむりがばれた!

201607271246_DSC_3906

 

Twitter、はじめました!

ぽっかりとあいてしまった一日(やることはたくさんあるけど…)、
何か新しいことをはじめたくなって、Twitterをはじめました。

ライブのお知らせを中心に、Facebookよりもう少しラフに、日々のことやポエムな事や写真など、
ゆるゆるつぶやく予定です。

藤野由佳Twitter
https://twitter.com/yukafujinoacc

めじるしは、私のソロアルバム「心ふるわすもの」のアコーディオンうさぎです!

よろしければフォローしてやってください!

kokorofuruwasumono

on the ocean

5月は、一週間ほど、大きな船に乗って演奏をしておりました。

船の上、
大地から足が離れて、自由になったような、心もとないような。
この先に何があるのか、期待と不安と…
でもこれからはじまる冒険に、わくわくする気持ちの方が少し勝ってる。
船は航跡を記しながら、ぐんぐんと突き進んで行く。

…そんな心もちの中、船室で「on the ocean」という曲を書きました。

「雪の日」もそうだけれど、
このところ自分の作った曲を色々なミュージシャンと演奏していただくのが楽しくて…
演奏者によって音色は勿論、解釈もアプローチも違って、色々な風景がみえてくる。

「on the ocean」は、そんな風に楽しむために、素直に作りました。
弾く方も聴く方もハッピーなわくわくを共有できたらいいなぁ…

しばらく、この曲と旅をしてみようと思っています。

写真 3写真 2写真 4写真 5写真 1

 

 

 

写真

旅の途中

大きくぽっかりと穴のあいた世界を、音で満たしながら、また、旅を続けます。
13626604_786035928205045_7895687299021893389_n

 

 

 

 
写真:Cafe Beulmans 吉岡さん

 

追悼 吉良知彦さん、そしてユカキラ中止のお知らせ

吉良知彦さんが7月3日に亡くなられました。
気を抜くと涙が止まらなくなる日々です。

7/20に彦六で予定しておりましたユカキラも中止となります。
そしてRitaさんと3人で活動をしていたユカキラリタも終了となります。
今まで応援くださった皆様、本当にありがとうございました。

私がご一緒してきた吉良さんの音やプレイやお人柄をここにしるし、
皆さんと共有したり偲んだりするべきなのかもしれませんが、
今はそのような気持ちには全くなれません…

憧れ続けた音楽の先輩と、生きる時間が一瞬重なって、
熱く滾る何かを共有出来たことはこの上ない幸せでした。

心より御冥福をお祈りいたします。

写真 4写真 2写真 5写真 1写真 2写真 1

 

5/16、カンテレ奏者あらひろこさん来たる!

来週!5月16日(月)は、フィンランドの民族楽器・カンテレ奏者、
あらひろこさん(from 北海道)とご一緒いたします!
あらさんは新譜「Birds and The Tree」をリリースされたばかり。
そしてアニメ劇場版「ガールズ&パンツァー」のサントラの演奏でも話題沸騰中なのです!
乗りに乗ったあらさんの、美しくオリジナリティある音色は必聴です!!

そしてそして、スペシャルゲストに、スウェーデンの民 族楽器、
ニッケルハルパ奏者のルイース・ビュールンドさんをおむかえします!
ルイースさんとは、去年の夏、北海道でオオフジツボで共演していただきました。
彼女の音色はこの楽器を生んだ土地のプリミティブな響きを感じます。
ルイースさんは東京でのライブは初!こんな場に立ち会える私は幸せ者です…

会場の音や金時さんは、響きの良い空間です。
貴重なステージ、お見逃し無く!

※音や金時はご予約制はとっておりません。当日直接お越しください。

☆5月16日(月)音や金時(東京・西荻窪)
18:30open、19:30start
【出演】藤野由佳(アコーディオン)
あらひろこ(カンテレ)
スペシャルゲスト:ルイース・ビュールンド(ニッケルハルパ)
【ところ】音や金時(西荻北2-2-14)
西荻窪駅北口より徒歩3分
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

 

1459041603double_ol図1