カテゴリー別アーカイブ: オオフジツボとリタ

オオフジツボとリタ「螺旋の刻印」

Jacket-small

 

 

 

 

 

 

 

オオフジツボとリタ、2枚目のアルバムにして、はじめてのフルアルバムです。
全8曲のうち7曲はオオフジツボによる書き下ろし、歌詞は全曲RItaさん。
ジャケット・ブックレット写真、そしてデザインは、すべて鈴木マイさん。

***

ここ数年「オオフジツボとリタprecious」として、パーカッションよしうらけんじさんをお迎えして、スチームパンク世界を舞台とした、朗読+音楽+映像のステージをやってきました。機械人形の数奇な人生を描く物語です。今回はその物語世界とかすかにリンクした音と言葉づくりになっています。人形にとってのかけがいのない人間との出会いや永遠の別れ、人形の記憶に刻まれた情景…。
勿論、そうした物語とは関係なく、一枚のアルバム作品としてもお楽しみいただけます。
メンバー各人の持ち味を最大限に生かした力作です!
オオフジツボのアルバムでおなじみ、鈴木マイさんの写真作品も今回のアルバムコンセプトにかなり接近したチョイスとデザインで、特にブックレットは写真集さながら、ふんだんに作品を使わせていただいています。

そして本アルバムには、ZABADAK吉良知彦さん、Ritaさんと活動してきたユカキラリタの曲、「遠すぎた10月」も収録しています。吉良さん作曲、Ritaさん作詞、本来はユカキラリタセカンドアルバムに収録予定でしたが、今回太田さん壷井さんの理解と協力もあって、「螺旋の刻印」に収録させていただきました。
今回収録するにあたり、アレンジもあらためて検討し、新たにオオフジツボとリタとしてのアレンジ
としました。それが収録する意味でもある、と思っています。

私の曲「風の生まれる国」、その原型は、ユカキラリタのリハに持ち込んだ曲でした。けれどもその時は完成には程遠く、吉良さんやRitaさんにポカーンとされた記憶があります。吉良さんが亡くなられて、オオフジツボとリタのライブをすることになった時、この曲を思い出しあらためて譜面を見ていたら一気に形になりました。リタさんも同じように何かを感じて歌詞をつけてくれました。というわけで、この曲は私とRitaさんにとっては挽歌であり、新たな旅立ちの曲ともなっています。

————————————————————————————-

心に深く刻まれた印―消えることのない記憶と生きてゆく。これからもずっと。
オオフジツボとリタ、セカンドアルバム。書き下ろしオリジナル7曲に加え、ユカキラリタ「遠すぎた10月」(吉良知彦作曲)を収録。

1. 冬の空、君を想う 作詞:Rita/作曲:藤野由佳
2. 終わる世界 作詞:Rita/作曲:太田光宏
3. 光の窓辺 作詞:Rita/作曲:壷井彰久
4. 刻印―blue― 作詞:Rita/作曲:藤野由佳
5. 芽吹く祈り 作詞:Rita/作曲:太田光宏
6. Avalon 作詞:Rita/作曲:壷井彰久
7. 遠すぎた10月 作詞:Rita/作曲:吉良知彦
8. 風の生まれる国 作詞:Rita/作曲:藤野由佳

オオフジツボとリタ are 太田光宏(guitar)/藤野由佳(accordion)/壷井彰久(violin)/Rita(vocal)

All tracks arranged by オオフジツボ
Produced by オオフジツボとリタ
Recorded by 壷井彰久
Mixed and mastered by 壷井彰久
Manipulated by 内山利彦
Photographed by 鈴木マイ
Designed by 鈴木マイ

OFTB0007
TSUNAMI VOLCANO RECORDS
定価2,500円+税

2017年3月19,20日、二子玉川KIWAでのアルバム発売記念ライブにて先行販売予定
のち、AMAZONほかにて全国流通予定

螺旋の刻印PR_01オオフジツボとリタプレシャス201701_01