狭間

海抜0メートルにて、来し方行く末を考える、25時。
潮の香りに満ちた、都会とその先の狭間は、
変に静かで賑やかで、
自分の存在すら
宙に浮かんで流れてゆくような。

写真 1